弁解無用!

3日まえに日本で初めて接骨院に行きました。そして、案の定、そこの先生に”コンテンポラリーダンスってどんなダンス”と聞かれました。また、その度に返答に詰まるわたし、、、30年以上も自分がしてきたことを説明出来ないなんて、なんて情けない、と言われそう。でも、長くやっていろいろなものを勉強し見てきたからこそ一言で言えないと真面目に弁解しちゃいます。いろんな見方があって、そのうちのどれかの方向に進んでテクニックを磨きながら、自分の世界を作ってゆく。人生と同じです。いろんな踊り家がそれぞれに頑張っています。

じゃ、私のコンテンポラリーダンスって何だろう、、、、ン~~~、やっぱり言葉で表現するのは難しい。敢えて言うなら身体を動かすことおどることは違うということです。

かつて、どこの神話でもおどりは神聖でありみんなのものでした。日本にも、怒って洞窟に籠もってしまわれた天照大御神を、そこから出ていただくために”おどり”で見事に成功した神話がありますよね。おどりは原初的でありみんなの心です。コンクールのため、健康のため、美容のため、etc、、、これらも大事かもしれませんが、ただ、単純におどりを楽しむだけ、その心を一番失いたくないし、それが”おどり”だと思います。コンテンポラリーダンスは、それを私に教えてくれました。見方を変えるだけで、力むことなく、自分なりのおどりを踊ればいい、そして、その時その時で変化する自分も認めてくれる、だから、歳は関係ない。アーー楽です。ここで下手なシャレを言わせてもらいます。”説明、弁解一切無用なのがコンテンポラリーダンスなのです。”

 

創作クラスの第一日目!

創作第一日目

創作第一日目

 

7月と8月はフランスに行っているので、生徒さんたちが焦らないように秋に向けての作品の振りに入りました。今日は創作クラスの第1日です。記念に写真を取ってもらいました。

 

創作第一日目

創作第一日目

創作第一日目

創作第一日目