シンプルで深いバオソル

 昨日、生徒さんのひとりシェリーさんの提案でバオソルの臨時クラスを儲けました。彼女のモチべーションを感じ、その波動がなんか良い電波のように作動したのか、、、今朝、起きてすぐ身体のそこから感じるものがあって、すがすがしかった。
 バオソルは、動きがシンプルで方向性もはっきりしているので、一旦、それがわかってくると深く入ることができる。そして、飽きることはない。しかし、一方、同じことを何度も繰り返すので、真剣さとモチベーションを失うとマンネリ化してしまう。そして、肉体的にきつい面が多々あるので、怠け者にはきつい。また、シンプルではっきりしているためごまかしが効かない。あくまで基礎をつけるもので、ただ、単に踊ってエネルギーを発散させたい派手なひとには向かない。
 もう、長年教えてきているのだが、こうして、生徒さんの方でわたしを持ち上げてくれるときがある。そんなとき、わたしは原点に戻ることができる。ありがとう。
 バオソルが基礎をつけるための最短距離であることを再確認するし、身体のすみずみまで空気をいれリフレッシュしてくれる。そして、なによりも、しっかりバオソルした後は、自分の身体を感じるし、ちょっと大げさに言えば自分の身体がいとおしくなる。そして、踊りたくなるのだ。