« 昭和浪漫”

 日本での第2作目、25分の作品を12月8日(日曜)15時半に旧横浜ゴム平塚記念館主催クリスマスフェスタで発表します。

 色彩豊かなおもいおもいの恰好、陽気でちょっと無防備でノスタルジックなヒッピーたちは、ザ ドアーズの音楽に合わせて踊り、モノクロのスーツに身を固めたサラリーマンは、最近亡くなられたルーリードのワイルド サイドを歩けの音楽で、ユーモアを混えて同僚との関係を踊る。そして、彼らは靴を脱ぎ捨てて、息を吐いてみる。 »僕等は、ちゃんと息をしているのだろうか”

 今回、テクニックとかそういったことに一切こだわらず、なるべくシンプルで楽しいものに、そして、ダンサーの呼吸が音楽にマッチするようなそんな作品を心がけました。

ぜひ、見にきてください!